You need oxygen!(酸素が必要です!)

ご無沙汰しております!

『最近、海に行きすぎよ』って
B8FAD9D3-0A71-414F-8875-9D710CF20833.JPG
ご指導を受けたばかりの四方田です(笑)

実は、誰よりも色白なんですが

確かに、海に行きすぎて顔が茶色くなっている…💦

遊びも全力投球!

でも、仕事(治療)もいつも全力投球!

自分で勝手に『全力おじさん』と名乗ってます(笑)

さてさて、今日のお話は…

久しぶりに来ていただいた患者さんのお話です

実は、この方英語しか話せません💦

私のスーパーブロークン英語炸裂です

症状は1週間前から息苦しくなり、心電図、エコー検査を受けたが異常なし!

お医者さんからは『ストレスですかね?』と言われて

お薬の安定剤を処方されただけでした

お薬を試しに飲んでいましたが息苦しさは治まらず…

今度は息苦しさに加えてだんだんと胸の痛みが出てきました

その痛みも眠れないほど激しくなり…

そこで、やっと私を思い出して来てくれました

お医者さんでの色々な検査でも異常なし

果たして原因は?

ここからは、東浦和カイロが頑張らねば!

もちろん、私が扱える症状なのかしっかり検査しないとなりません

痛がり方は、外国人特有なのか尋常ではありませんでしたが

整形学的検査とカイロプラクティック検査と神経学検査を行い

命にかかわるような危険因子は無いということが分かりました

そして、痛みの原因が特定できました

原因は?

まず、痛みの発生部位は心臓でも内臓でもなく

肋骨と胸骨が結合する胸肋関節からでした

関節には受容器という神経のセンサーのようなものが

たくさんあり非常に敏感に反応するケースがあります

その関節の機能障害がとても激しい痛みを

発してしまうのです

中には、この患者さんのように胸肋関節の痛みが

あまりにも痛いのでもしかしたら心臓の痛みなのでは?

と思ってしまう人もいるくらいなんです

では、なぜ息苦しさから胸の痛みにまで症状が広がってしまったのでしょうか?

たしかに、息苦しさはお医者さんのいうようにストレスが原因かもしれません

まず、強いストレス状態が続くと

みなさんが良く聞く自律神経の状態に問題が出ます

いわゆる、自律神経=交感神経+副交感神経です

詳しく知りたい方は、インターネットで調べると大体わかると思います

ここでは、息苦しさについてザックリ説明したいと思います

実は、この交感神経と副交感神経は呼吸機能にとって非常に大きなかかわりを持っています

交感神経は息を吸う神経

副交感神経は息を吐く神経

ストレス状態では交感神経が通常よりも過剰になります

そうなると、息を吸う方が強くなり息を吐く方が弱くなります

すなわち、呼吸のバランスが崩れ苦しく感じてしまうのです

これがもっと交感神経が過剰になってしまうと

過換気症候群(過呼吸症候群)となるのです

吸いっぱなしって本当に苦しいですよね💦

呼吸のバランスがこのように崩れるとやがて問題になるのが

体の中に酸素が必要量入ってこないということなんです

それが、酸欠です

酸欠がもたらすもの…

自律神経の状態がさらに低下します

神経が興奮しやすくなります

筋肉の本来の機能が低下します

あげるとまだまだキリがないのですが

酸欠は恐ろしいのです…

この方の場合

ストレス
  ⇩
大脳皮質機能低下
  ⇩
交感神経亢進
  ⇩
呼吸機能低下
  ⇩
  酸欠
  ⇩
末梢神経異常興奮

本当にざっくりですがこのようなことが

起きていたのです

このような場合まず、やらなくてはならないのが

酸素を体に入れてあげることだと思います

そこでやっとこのブログのタイトル

『You need oxygen!』

なのです!

施術とアドバイスを終え

心配だったので次の日も来ていただいたのですが

予約時間に昨日とは別人のような笑顔でドアを開けて

入ってきました(笑)

『Did you sleep last night?』

『Yes, I slept well!』

まだ少し痛いですがよく眠れたそうです

本当に良かった


どうか、原因不明の症状でお悩みの方は

ご相談くださいね

患者様の為に全力を尽くします!

ちょっと長くなりましたので今日はここまで…

それから、あと一言

東浦和カイロの新型コロナウイルス対策はお客様の為に

可能な限り万全を期して取り組んでいますので

ご安心してご来店くださいね

新型コロナウイルス騒動が早く終息しますように…

この記事へのコメント