腰痛やひざ痛は筋肉がないから?

みなさん、おはようございます!

昨日は、川崎大師に行ってきました

とっても良い天気で参拝客でにぎわっていましたよ

4679AB75-560F-4BF7-9C50-981D813EF67C.JPGE724E602-859B-435F-8389-05E77A98617A.JPGB2043DE3-F23A-40C3-9DA3-D567EC84C93E.JPG

お参りを終えた後、波は超小波でしたが湘南の海に行きしっかりトレーニング?も

ちゃっかりしてきました(笑)

さてさて、今日は・・・

筋肉がないから腰や膝が痛いと思っている方のために

書いてみたいと思います

長年、腰やひざが痛い人は

お医者さんや治療院で運動をして筋肉をつけましょう!って

言われることが多いですよね

確かに、運動をすることはとても良いことなんですが

果たして、本当に筋肉不足が痛みの原因なんでしょうか?

確かに、栄養不足や年齢を重ねれば重ねるほど筋肉量は減ってきます

それを、カタボリックと言います(これは後で時間がある時に書きますね)

しかし、問題なのは高齢でも膝も腰も痛くない方がいますよね

果たして、その方たちは他の人と比べるとマッチョでしょうか?

そうでもない人の方が多いのではないでしょうか?

そもそも、年齢が上がれば上がるほど筋肉量をトレーニングで

増量することは並大抵の努力をしなければならないのです

かえって、ジムや無理なエクササイズで肩や腰を痛めて

私のオフィスに来る方も少なくありません…

お医者さんの言うように確かに筋肉はとっても重要です

しかし問題は、筋肉を増やすのではなく

その人の筋肉が正常に機能するかどうかなのです


必要最低限での筋肉はあるのに・・・

体を支えるための筋肉が本来の能力を発揮できずに

腰や、膝などに負担をかけてしまっている状態なのです

いわゆる『宝の持ち腐れ』です

そして、筋肉をコントロールしているのは?

そうです『神経』なのです


長年の腰痛やひざ痛にお悩み方は

ご相談くださいね

ジムやエクササイズをスタートする前に

神経機能の調整をすると良いと思います!


今日はこの辺で・・・

この記事へのコメント