体の不調や、痛みの本当の正体は? 副題『今年も飛ばしますよ~!』

みなさん、今年もよろしくお願い致します!

年始は、毎年バタバタしてしまい挨拶が遅れてしまいます

今年は、まだ海に一回も行けてません😢
D46C5571-56CC-4A4B-9779-0F0C2E693249.jpg
でも患者様は、みなさん良いお正月を過ごせたようで

ちょっと一安心しました

がっ、しかし

みなさん、会社が始まり、神経も仕事モードになると

やはり、いろいろと症状を訴える患者さんが増えてきます…

共通しているのは、転んだり、打撲したりしてないのに

体のあちこちが痛い人

背中の激しい痛み

腱鞘炎のような手の痛みなどなど・・・

すなわち、原因不明の症状です

お医者さんでレントゲンを撮ったが異常なし

『骨はキレイですよ~』と言われ診察終了

痛み止めと湿布のみの処方です

このような痛みって、痛み止めを飲んでも

ほんの一時だけ痛みは和らぎますが

すぐに、痛みが強くぶり返すことが多いのです

では、どうしたら良いのでしょうか?

東洋医学では、今出ている症状を『標』

本当の原因を『本』というそうです

修業時代、一緒に切磋琢磨した友人から

『あんた、神経学ばかり勉強せんと東洋医学も最高やで!』って

いわれて、今年は勉強しようと思います

『マー君、ありがとう!』(その友人のことをマー君と呼んでます(笑))

この、マー君、とっても熱く良いやつです

話を戻しますが、そうなんです!この本当の原因を考えなければ

症状が早く治ることはないのです!

その患者さんの生活スタイル、仕事内容

食生活、ストレス具合などなど・・・

それらを、考慮して対応しなければ

『本』を改善することができないのですね

今年も、一人ひとりの患者さんが笑顔になれるように

頑張っていきますので宜しくお願い致します

『今年も飛ばしますよ~』

辛い症状や痛みにお悩みの方、ご相談くださいね










この記事へのコメント