原因の分からない痛みの正体?

P6156437.JPG
お気に入りの写真です

みなさん、こんばんわ!

今最後の患者様がお帰りになりホッと

一息つきながら書いてます!

お腹ペコペコです(笑)

娘に帰るコールの電話をしていつもの質問を…

『今日の夕ご飯は?』

『オムライスとサラダ!』だそうです


さて、今日のテーマ『原因の分からない痛みの正体』ですが・・・

今回、治療させて頂いたT様のことを少し報告させていただきたいと思います

激しい腰痛で来られたのですが

どうも、痛みの発生部位が腰ではなくどちらかというと脇腹からでした

1ヶ月以上も変わらぬ痛み

自発痛(じっとしていても痛い時がある)

温めてもマッサージを受けても良くならない

夜もよく眠れない

しかし、CT、エコー、レントゲン、血液検査、全て異常なし

困り果ててのご来院でした

『頑張って診させていただきます!』とお約束


そして、本日は3回目の施術日でした

私:『調子はどうですか?』

T様:『嘘みたいに痛みがありません👀』

さて、原因は?

大脳皮質の機能低下による疼痛抑制低下と呼吸機能低下による酸欠であると

判断いたしました

施術は、非常にシンプルで優しいと思います

T様に対してどんな刺激をどのくらいの強さでどのくらいの時間どこに入れるか?

これを沢山考えて施術します

私:『調子はどうですか?』

T様:『嘘みたいに痛みがありません!』

この言葉、これからも沢山頂けるように頑張ります!

辛い症状でお困り方、ご相談下さいね

今日はこの辺で・・・

オムライスを食べに帰ります(笑)

この記事へのコメント