理不尽な刺激!

IMG_6155.JPG
海には毎週行っていましたが、ここ数か月ブログをアップするのを忘れてました!

今日久しぶりに書いてます(笑)

最近、長女のプチ反抗期でペースが乱れているせいかもしれません。

脳の発達的には、反抗期があった方が良いと考えていますが

それにしても、カチンと来てしまう今日この頃です(笑)

ですが、たくさん子供と衝突すれば良いのです!

衝突した時の刺激が脳には必要なんだと、どこかの脳科学者も言っていたような…。

もちろん、暴力はダメですよ!

しかしながら今の子は刺激の偏りがあるような気がします。

褒めて伸ばす的な優しい刺激は多く、家庭でも、学校でも、部活でも過保護的な…。

仕方がないのかも知れませんが勉強中心ですもんね…

私たちのころの先生や監督の怖さと言ったら今でも思い出すと笑ってしまうほどです(笑)

叱られる理由も、色々ありましたよね。

悪いことをしたり、ミスをしたり、気合が入っていなかったり、試合中『ボーっ』としていたり

時には、とっても理不尽なことで怒られたり…。

私は、『ボーっ』とで怒られていたようです(笑)

そしたら、長男も試合中『ボーっ』としていて怒られているようです(笑)

親子ですね…。

この怒られ方の中で、意外と重要なのが理不尽な怒られ方だと思っています。

納得がいかないことで怒られたことはだれでもありますよね!

監督の機嫌で怒られたり、自分のミスではないのに怒られたり・・・

脳には、この理不尽な刺激もこれから社会に出る子供たちには重要なのかもしれません!

だって、社会に出れば理不尽なことってたくさんありますもんね(笑)

子供のころに良い刺激も辛い刺激も色々と受けることが脳の発達に繫がるんです。

なかでも、重要なのが前頭葉という部位の発達です。

一言でいうと、『より人間らしさを保つための脳』とでも言いましょうか。

さあ、お子様をお持ちのみなさま!

我が子の脳に、色々な経験という刺激を入れましょうね!

理不尽な刺激が重要と言いましたけど理不尽ばかりはダメですよ(笑)

あくまでも、『アメとムチ』的なものが最高の刺激であると思います!!!


今日はここまで・・・

それでは、毎日暑いですが頑張りましょうね!

この記事へのコメント