オリンピック種目のサーフィン!と筋肉について…

みなさん、こんにちは!

先週の水曜日に千葉県の一宮海岸で開催されたWSL QS6000というサーフィンの世界大会を観戦してきました。

また、私の友達がトレーナーとしてその大会に帯同し選手たちのケアをしていたので

その応援もかねてです!とても頑張っていました!!!

彼の夢は、東京オリンピックのトレーナーとしてサーフィン選手たちをサポートすることです!

本当に素晴らしいですよね!同じサーファーとして尊敬しています。

大会の様子はこんな感じです☟
IMG_6077.jpg
IMG_6084.jpg
IMG_6085.jpg
IMG_6090.JPG
IMG_6080.jpg
IMG_6092.JPG
さすがは、プロですΣ(゚Д゚)異次元のレベルとスピードです…
オリンピックも盛り上がること間違いないと思います(あとは波が良いことを祈るばかり…)

今日は、サーフィンのことばかりですが少しお付き合いを(笑)

私のオフィスにもアスリートが時々来られます。もちろんサーファーもですが

マラソンランナー、サッカー選手、高校球児、大学生スイマーなどなど…

それは、それはみなさん、素晴らしい筋肉をしています!惚れ惚れするほどです(笑)

『おい!俺の筋肉、恥ずかしくないのか!』と心の中で言ってます(笑)

ここで、体の不調に悩む方へのヒントをご紹介…

アスリートの方たちは確かに怪我や関節機能障害等は日常茶飯事ですが

自律神経失調症のような問題を抱えている選手は非常に少ないということです…

それは、なぜか?

脳を活性化するための筋肉からの刺激が圧倒的に多いということだと思います。

それが、脳機能を正常に保つために非常に重要なことなんですね…

実際にスポーツをしっかりしている子供たちには、勉強も良くできる子が多いのも事実です!

筋肉バカは本当はいないはずなんです(笑)

特に、ボディビルに関しては

あの美しい肉体を創るには、緻密なトレーニング、計算されつくしたカロリーの摂取や栄養補給が出来なくてはいけません。

アメリカでは、ボディビルを長年続けている人ほど仕事も優秀な人が多いといわれているんです。

この話を聞いていて自律神経の問題で悩んでいるあなた!

『じゃあ、筋肉を厳しいトレーニングで鍛えなければダメ?』と思っていませんか?

ご安心ください!筋肉量が多いには越したことはありませんが

一番重要な事は、筋肉が正常にテンションを保ちながら体を支えられているかなんです。

そこにフォーカスして考えることがあなたの不調を改善させる近道かもしれません…

原因不明の痛みや不調にお悩み方!

是非ご相談ください。

お力になれれば幸いです‥‥。

体の不調や原因不明の症状に悩んでいる方は、ご相談ください
詳しくはコチラをクリック



この記事へのコメント