ダイエットと神経機能

みなさん、ご無沙汰しています
東浦和カイロの四方田です
IMG_5952.jpg
写真は朝の鉾田市大竹海岸です

毎日バタバタと忙しく過ごしています…

そんな私のサロンですが体の不調を訴える患者様も多いのですが
この時期、ダイエットしたいという方たちも沢山来られます

そこで、ダイエットすると何が一番良いのか?
私なりの解釈ですが原理原則をもとに説明出来たらなと思い今書いてます…

もちろんダイエット成功は、体脂肪が減ることですよね!
その結果、オシャレが出来たり、自信が持てたり、彼氏が出来たり(笑)

でも一番の利益は?

それは、神経機能が活性化することではないでしょうか

みなさん、正しいダイエットに成功すると
風邪をひかなくなったり、考え方がポジティブになったり、体調が良くなったり…

これは、すべて神経機能が正常に近づくからだと思います!

なぜだと思いますか?

ズバリ言うと、答えは『空腹の時間が増えるから』です!

昭和初期までには、今現在最も多い三大疾病や、うつ病、膠原病などは非常に少なかったそうです
この様な病が爆発的に増えたのは昭和20年以降(戦争が終わり、高度経済成長期に入り日本が非常に豊かになる)だそうです
食べ物も豊富になり、しかも高カロリーの食事になってきた時代です

今まで必死に生きるために働いていた神経機能がそれほど頑張んなくても…。
つまり、自律神経も怠ける時代になったのではないかと思っています

その結果、免疫機能は弱くなり、ストレスにも弱くなり、また、高カロリーで栄養不足の食事も
拍車をかけてしまったのですね(※神経機能を正常に保つための栄養不足は大きな問題でもあります)

みなさん、まずは一日の中で空腹時間をできるだけ作ってみませんか?
良いことが沢山起こるかもしれませんよ!

分かっているけど食欲が止まらないという方や
そんなの自分では無理だという方は、是非ご相談くださいね(^^♪
自律神経の調整が必要かもしれません…


今日はここまで…

体の不調や原因不明の症状に悩んでいる方は、ご相談ください
詳しくはコチラをクリック

この記事へのコメント