自律神経とアメとムチ?

みなさん、こんにちは!
オフィスの完熟マンゴーの苗はすくすく成長していますよ(笑)
IMG_5541.JPG

先週来られた患者さんのお話です…

どんな症状で来られたかというと、色々お悩みはありましたが一番は眠れない、音に敏感になってしまった!
ということでした。
しかも、3カ月以上前からこの症状が続いており、かなりの切実感を感じます。

病院で色々な検査をしましたが少し不整脈があるくらいで他は良好…。

早速、私で出来る徒手検査を色々と…
結果は、神経機能の低下(疲労)によるもので、特に右大脳皮質の機能低下が見受けられました。
そして、それに伴う極度の呼吸機能の低下が今回の不調の原因であると思いました。
少し詳しく言いますと酸素不足によりTCAサイクルの稼働率が低下しATP産生低下によるエネルギー不足が原因であるということになります。

治療が、終わり『こんなに呼吸が楽に出来るとは…』と驚いていました。

2回目の来院時には症状はすっかり良くなり毎日ぐっすり眠れると、嬉しい報告を頂き一安心。

面白かったのは、その患者さんから
『先週治療を受けてから、仕事に対しての考え方が変わったんです』とおっしゃられたことです。
恐らく良い方向に変わったんだと思いますが(笑)

酸素がちゃんと脳に供給されると考え方もポジティブになるのです…。
逆に、酸素が不足するとネガティブになるのかもしれないですね。

では、ここからはタイトルの『自律神経とアメとムチ』ですが
患者さんから、普段どのようなことをすれば自律神経を良い状態に保てるのですか?と
よく質問を受けます…。
なので今回は、タイトルに絡めてそのことをお話していきたいと思います。

でも、時間が来てしまいましたので次回にしますね…。

体の不調や原因不明の症状に悩んでいる方は、ご相談くださいね
詳しくはコチラをクリック




この記事へのコメント