熱中症の後遺症?

毎日ホントに暑いですね!
この暑さにイライラしている方も多いのでは…。
しかも、小学生や中学生のお子様を抱えるお母様方は心中お察し申し上げます💦
せめて、患者様から頂いた沖縄のきれいな海の写真だけでもどうぞ👀
DSC_0652.jpg
何を隠そう我が家にも、バッチリ小学生組と中学生がいるので我妻もお疲れ気味です💦
そんな奥さんに『プロテイン飲んでね』って勧める毎日です(笑)

さて、今日のテーマ『熱中症の後遺症』についてです。

熱中症になってからしばらく経つのになかなか体調が良くならない方はいませんか?
私のオフィスには毎年この時期になると結構いらっしゃいます!

確か去年の夏は、義理の兄からこんな電話相談をうけました。

義兄 『会社で字を書こう思ったら力が入らず
書けへんのやけど、頭がどうかしてもう
たんやろか?』

私  『いつからですか?』

義兄 『今日からやねん。』

私     『ここ数日で何か変わったことはありまし た?』

義兄 『そうやな~、日曜日に野球の試合で
軽い熱中症になったぐらいかなぁ…。ちょっと寝たら良くなったんやけどね』

私  『まだ、体や頭は熱っぽくない?それと、それから水分ちゃんと摂ってます?』

義兄 『そういやチョット熱っぽいなぁ!
水は飲んでへん、アイスコーヒーばっかりや!あかんか?』

私  『兄さん、アカンですやん!それ
熱中症の後遺症ですやん…。今すぐ頭冷やして水分取らな長引きますよ!』 ※なぜか私も関西弁

義兄 『ほんまに?すぐそうするわ!』

次の日、心配だったので私から電話したところ力は入る様になったとのことでした。
厄介なことにならなくて本当に良かったと、安心したのを思い出しました。

熱中症になるとこの様に、素人目に見るとあたかも脳神経の異常ではないかと思ってしまう
症状が出るケースがあるのです。

痙攣、失神、脱力などなど…。

私の患者さんでも、同じ症状で内科に行ったら直ぐに脳神経外科に行くようにと
言われてしまった方がいるくらいです💦
結果、脳の画像診断はなんでもなかったのですが…。

でも一番厄介なのが、スポーツも炎天下での作業もしていないのに
熱中症になってしまう方が多いということです。

それは、体の熱処理や飲水行動をコントロールしている脳機能、自律神経機能が
何らかの原因で低下している状態の時です。

その場合、熱中症が治ったとしても後遺症が厄介なのです!
多いのが『体調不良が続く…』それと『やる気が出なくなってしまった』という方も意外と多いのです。

暑さや、湿気、色々なストレスに耐えながら頑張っているあなた!要注意ですよ!!

熱中症になりやすい方や、以前に熱中症でつらい思いをした方、この夏元気に乗り切りたい方は
ぜひ、神経機能のチェックにいらしてください。

今日はここまでにします…。

原因不明の症状に悩んでいる方ご相談くださいね
詳しくはコチラをクリック

この記事へのコメント