マラソンランナーの脇腹の痛みとは?

みなさん、こんにちは!
毎日暑いですが体調はどうですか?
こんな日は海にでも行きたいですね。
IMG_3355.JPG

今日のブログの内容は…
先日、高校の陸上部に所属するNちゃんが久しぶりに治療に来てくれました。
一週間ほど前から、ランニング中に右わき腹に差し込むような痛みが出るようになり
思うように走れなくなってしまったとのこと。
あの何とも言えない嫌な痛みです…。
私もありますが、スポーツ経験がある方なら一度は皆体験したことがあると思います。

どうしても、一週間後の大会に間に合わせてほしいとのこと…

『もっと早く来てほしかったなぁ💦 でも頑張ります!』

では、この痛みの正体はというと現代医学ではあまり分かっていないようです。
仮説としては、横隔膜の痙攣?内臓が引っ張られるから?肋骨の歪みの為?などなど
まあ色々な説がありますが何が本当なのでしょうか?

どれも本当かもしれませんが、ではなぜ痛みが出てしまうのか?原因を探すため
問診と神経機能の検査をしながらヒントを見つけていきます。
ヒント① 痛みが出るのは右側だけ
ヒント② 血圧のアンバランスがある
ヒント③ 勉強のやりすぎ(笑)
ヒント④ 寝不足である
ヒント⑤ 運動前の食事の摂り方の問題がある

これらのヒントを基に自律神経のバランスを検査したところ胃腸の機能低下と酸素供給の低下が
大きく影響しているようでした

治療は2回だけしかできませんでしたが、しっかり調整して食事の摂り方のアドバイスをして
大会に送り出しました。

問題の大会の結果ですが
Nちゃんはレース中の痛みはあまり出ず、なんと準優勝!
お母様から嬉しいご報告を頂きました!!!

このブログを書きながら私もひとまずホッとしております…。
『本当に良かった』

今日は、ここまで…

原因不明の症状に悩んでいる方ご相談くださいね
詳しくはコチラをクリック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック