パニック発作とは?それって病気なんでしょうか?

みなさん、海の日はいかがでしたか?
私は、息子と初めて二人でサーフィンに出かけました。
行き帰りの車中は男同士だからか、あまり会話も無かったですが
父親としてはちょっぴり嬉しかったです(笑)
wgFcVyGVpR0Vv2V1500358667_1500358928.png
※写真は隣でお着替え中のサーファーに撮っていただきました
遠近法もプラスして顔の大きさの差に驚いています(笑)

さて、今日のテーマはパニック発作について…
意外と悩んでいる方が多いのではないでしょうか?
私の所にも今月に入り、二人ご紹介で来られました。
二人とも内科的な疾患は無く、今まで大きな病気やケガもしたことがなく至って健康体。
でもなぜか数年前からパニック発作が起こってしまいます…。
具体的な症状では動悸、息苦しさ、電車に乗った時の閉塞感、背中の異常感覚やシビレを
訴える方達でした。

なぜ!その症状が起こるか?本人たちが一番そう思っているのではないでしょうか…。

先ずは、時間をかけて問診をしながら原因を探っていくと、色々とヒントが出てくるのです。
ヒントとは、『いつから始まったのか』『何をしている時によくなるのか』『心配事はあるか』
『食生活に乱れはないか』『水分はどれくらい摂取しているか』などなど。

それらの情報を基に神経の機能テストを行い治療計画を立てます。
どこに、どんな強さの刺激をどのくらいの時間入れるか?
どんな、アドバイスをするか?
どんな、エクササイズを教えるか?
どの位の間隔で来てもらうか?
本当に色々考えます…。
患者さんが早く安心して過ごせる日が来るように!

お陰様で、お二人とも油断はまだ出来ないですが経過は順調で、すごく喜んでいただいています。

最後に…
長い間パニック発作で悩んでいる方へ
あなたは、決して病気ではないと思います。

これらには、脳神経系の検査と問診により自律神経系の状態を把握し治療することが
有効だと思っています。

お悩みの方、ご相談ください。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック