なかなか治らない手のシビレや痛み

みなさんこんにちは!
我が家の土曜の夜の会話から…
私 『明日は、みんなで海に行こう』
長女『海ばかりじゃなくて、どこかに連れてってよ!』
私 『じゃあ、買い物でも行こうか?洋服買ってあげるから』
次女『私は靴ね』
私 『その前に海に寄ってからね(笑)』
IMG_4756.JPG
1b13ff2fc0b14f2ba81e3e88b8fc14fc.jpg
ということで、交渉成立となり海に寄ってから阿見アウトレットに行ってきました!
とてもキレイで買い物しやすかったですよ。
しかし、高くついた海でした

さて、今日のお話は…
原因不明の手の痛みやシビレについてです。
手の痛み・シビレで困っている方って多いと思います。
1ヶ月以上も続いているその症状何故よくならないのでしょうか?
湿布を貼ったり薬を塗ったり、電気を当てたり、超音波を当てたり
毎日やってるけど変わらない…
お医者様で言われた病名は
弾発指(ばね指)、腱鞘炎、手根管症候群、などなど…

では、本当の原因は何でしょうか?
それは、慢性的な血流障害により手先の神経細胞が必要としている
酸素や栄養が行きわたらなくなった結果なのです。
重症になると、神経細胞が傷んでしまいシビレや麻痺が起きたりしてしまいます。
こうなると、お医者様には手術を勧められてしまいます。

最後の手段に行く前にできることは何でしょう?
そうです!血流を良くすることを第一に考えて過ごせば回復に向かう可能性は
非常に高くなるのです。

血流を良くする方法
①とにかく温める(これは、当たり前ですよね!)
②ストレスをためない(これがなかなか難しい)
③自律神経を整える(どんな方法がある?)


注意1)血流が良くなると最初は、しびれやじんじんする痛みが強くなることがありますが、これは組織が再生するときに生じる反応です。怖がらずに温めてください。ただ、あまりに痛みが強いというときは、つらくない程度に温める方法を考えましょう。しびれや痛みなどの症状は不快なものですが、これらを通り過ぎた後には治癒が待っています。
注意2)もしも、神経細胞が傷んでしまっていたら治るまでに少し時間がかかってしまいます。
神経に十分な血液が通うようになったとしても修復速度は1日に1~3ミリ程度だからです
しかし、血流がよくなれば手の神経細胞は必ず再生するので根気よく頑張りましょう!

①は自分でできるとしても、②と③は難しいですかね…
そんな方は、ご相談くださいね!
その方法一緒に見つけてみませんか?

慢性的な肩こり、頭痛、腰痛や体の不調でお悩みの方は
ご相談くださいね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447800860

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック