半年前からの原因不明の激しい腰痛の正体とは?

IMG_3952.JPG
世界の車窓から…ではなく東浦和カイロの窓から!
結構、患者様から評判の眺めです

さて、今回のタイトルは…
半年前からの激しい腰痛!
ここ1カ月前から左下肢が痺れだして歩くのも困難な状態が続き
MRIを撮りましたが、お医者様からは椎間板が少し薄くなっている程度ですと
言われ、大量の湿布と痛み止めのみの処方…
これでしばらく様子を見ましょう…?
しばらくって?いつまで我慢すればよいのでしょう?
???だらけ
本人は、こんなに痛いのだから何か見つかるのではと意気込んで
何なら手術でも覚悟していたのに…と
ところで、みなさんは腰痛に関して手術するかしないかを決める判断って
ご存知ですか?以下を参考にしてください
①痛くて10メートルも歩けない
②足に力が入らない(麻痺)
③トイレに行って自力で排尿排便ができない
しかし、①~③に当てはまるからといって直ぐに手術を決めないでくださいね
何人かのお医者さんに相談してから決めるのがよいと思います!
よって、①~③に当てはまらない方は徒手療法で何とかなる可能性があるので
諦めないでください!

私のところに来られた
この患者さんも、痛みと痺れはだいぶ良くなり
先日は、朝からお昼の3時間みっちりお仕事のチラシ配りが
出来たそうです!痛みも再発しませんでした!
施術は筋骨格系のアプローチと自律神経の調整を行いましが
この時、とっても参考になったのがお顔の表情の視診でした
詳しく言うと顔面神経の機能低下から問題を推測できたのです…
cyusu_pc.gif
施術が進んでいくにつれて、日に日に痛みが取れていくのももちろんですが
表情も大変よくなっていきました(本人はあまり気づいていませんでしたが…)

営業成績上がるといいですね



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック